Fireタブレットを充電する方法

Fireタブレットの使いかた

「Fireタブレットを買ったはいいものの充電のやりかたがわからない…。どうやって充電するのか教えてほしいな。」といった悩みをもっていませんか?

そんなかたに向けて今回は、Fireタブレットを充電する方法についてお伝えしていきたいと思います。

■この記事はこんな人におすすめ

  • Fireタブレットを充電する方法が知りたい
  • パソコンやモバイルバッテリーを使った充電方法について知りたい

Fireタブレットを充電する方法はとてもかんたんです。

この記事を読んでもらえればだれでも今すぐに充電ができるようになりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

Fireタブレットを充電する方法

Fireタブレットを充電する方法には以下の4つがあります。

  • コンセントから充電する
  • パソコンから充電する
  • モバイルバッテリーから充電する
  • 車から充電する

順番に見ていきましょう。

【方法①】コンセントから充電する

コンセントから充電する場合付属の充電器(USBケーブル+充電アダプタ)をつかいます

付属の充電器ではなくとも、『USB-C』に対応していればスマホやパソコンで使っている充電器でも充電できます。しかしバッテリーの消耗や安全性などを考えると、Fireタブレットを買ったときに一緒についてくる付属の充電器を使うほうが安心して充電することができるためおすすめです(Amazon公式は付属の充電器をつかうことがおすすめしています)。

なお市販の充電器を使う(買う)ときは必ず、USBケーブルもしくは充電器が『USB-C』に対応しているのかを確認するようにしましょう。『USB-C』に対応していないとFireタブレットの充電穴に刺さらず充電ができません。

【方法②】パソコンから充電する

USB-Cに対応したUSBケーブル(付属品)を使ってパソコンのUSBポートとつなげることで、Fireタブレットを充電することができます。

USBケーブルは付属品のものでなくても使えますが、『USB-C』に対応していないとFireタブレットに刺さらず充電ができないため注意が必要です。

なお『パソコンのUSBポート』とは、マウスやキーボードをつなげるときに使う長方形の穴のことです。ノートパソコンの場合はパソコンの側面にあり、デスクトップパソコンの場合は電源ボタンのすぐ近くにあるはずです。

ちなみにパソコンから充電するよりもコンセントから充電したほうが一般的に充電は早くなります

【方法③】モバイルバッテリーから充電する

USB-Cに対応したUSBケーブル(付属品)を使ってモバイルバッテリーとつなげることで、Fireタブレットを充電することができます。

充電速度はモバイルバッテリーによって違いがあるため断定はできませんが、一般的にコンセントから充電するほうが速いです。しかしモバイルバッテリーが充電されてさえいればいつでもどこでも充電できるのが利点です。

FireタブレットはAndroidをもとにつくられているため、Androidに対応したモバイルバッテリーであれば基本的にFireタブレットの充電に使えます

▼Android対応のモバイルバッテリー(例)

cheero モバイルバッテリー Bloom 10000mAh

【方法④】車から充電する

『カーチャージャー』という機器を使って、車にある『シガーソケット』とFireタブレットをつなげることで充電することもできます。

FireタブレットはAndroidをもとにつくられているため、Androidに対応したカーチャージャーであれば基本的にFireタブレットの充電に使えます

▼Android対応のカーチャージャー(例)

Anker PowerDrive 2 Alloy(24W 2ポートカーチャージャー)

スポンサーリンク

さいごに|基本的にコンセントから充電しよう

今回はFireタブレットの充電方法について4つ紹介していきました。

  • コンセントから充電する
  • パソコンから充電する
  • モバイルバッテリーから充電する
  • 車から充電する

モバイルバッテリーを使うことでいつでもどこでも充電ができたり、カーチャージャーを使うことで車からでも充電をすることができます。

しかし公式が「純正の充電器を使って充電してください」と言っているように、基本的に付属の充電器をつかってコンセントから充電をするようにしましょう。コンセントを使うことにより早く充電ができるのもおすすめポイントです。

とはいったものの生活スタイルにあわせて充電方法を選ぶのが1番だと思います。

ぜひこの記事を参考にあなたにあった充電方法でFireタブレットを使って見てくださいね。