便利で楽しい!FireタブレットでAlexaを使う方法をご紹介。

Fireタブレットでアレクサを使う方法のアイキャッチ画像使い方

「Fireタブレットを声で操作したい。」
「FireタブレットでAlexaが使えるみたいだけど、どうやって使うのかな?」

Fireタブレットでは、Alexaと呼ばれる音声サービスがあります。

Alexaを使うことで、アプリの起動やアラームの設定、Amazonでの買い物などを声だけですることができます。

「でもAlexaってどうやって使えばいいんだろう。」
そう思っていませんか?

この記事では、FireタブレットでAlexaを使う方法についてご紹介しています。また、Alexaでできることもかんたんにですが紹介しているので、ぜひさいごまで読んでみてくださいね。

FireタブレットでAlexaを使う方法

FireタブレットでAlexaを使うには、設定アプリでAlexaをONにする必要があります。

AlexaをONにすることで、ホームボタンを長押しするとAlexaが起動するようになります。

また、あわせて「 ハンズフリーモード 」もONにすることで、ホームボタンを長押ししなくても「アレクサ!」というだけでAlexaが起動するようになります

Alexaを使う上での注意点は「Wi-Fiに繋いでいないと使えない」ということです。
Alexaを使いたいときはFireタブレットのWi-FiをONにするようにしましょう。

それではこれらの設定方法についてくわしくみていきましょう。

まずはAlexaをONにしよう。

FireタブレットでAlexaを使えるようにするために、まずは設定アプリでAlexaをONにしましょう。

  1. 「設定アプリ」を起動
  2. 「Alexa」をタップ
  3. 「Alexa」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。
アレクサがONになった(オレンジ)

これでFireタブレットでAlexaが使えるようになりました。

ためしにホームボタンを3秒ほど長押ししてみましょう。Fireタブレットの画面のしたの方に、青いラインが出てくるはずです。

FireタブレットでAlexaが起動すると、青いラインが出てきます。

この青いラインはAlexaが起動したときの合図です。「今日の天気は?」としゃべると、Alexaが今日の天気を教えてくれます。

「 ハンズフリーモード 」をONにして声だけでAlexaを使おう。

AlexaをONにしただけだと、Alexaを使うたびにホームボタンを長押しする必要があります。

これって結構、、、めんどくさいですよね。

そこで「 ハンズフリーモード 」の出番です。 「 ハンズフリーモード 」 をONにすることで、ホームボタンを長押ししなくても「アレクサ!」と言うだけでAlexaが起動するようになります。

それでは、「ハンズフリーモード」をONにしてみましょう。

  1. 「設定アプリ」を起動
  2. 「Alexa」をタップ
  3. 「Alexa」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。
  4. 「ハンズフリーモード」をタップ
  5. 「ハンズフリーモード」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。
ハンズフリーモードがONになった(オレンジ)

これで「ハンズフリーモード」がONになりました。

ためしに「アレクサ!」と言ってみましょう。アレクサが起動する(画面のしたの方に青いラインが出る)はずです。

「アレクサ!」と言うとAlexaが起動してしまうのでちょっと不便かな?と思うかもしれません。

しかし、普段の生活で「アレクサ!」と言うことはまずないと思うので、そこまで気にならないかと思います。また、ゲームをプレイしているときは「アレクサ!」と言っても反応しないので、ゲームの支障になることもないです。

デメリットよりも「いちいちホームボタンを長押ししなくてもすむ」というメリットのほうが大きいので、「 ハンズフリーモード 」をONにしておくのをおすすめします。

ウェイクワードは2種類あるよ。

Alexaを使うときにはまず「アレクサ!」と言う必要があります。

この「アレクサ!」という言葉を「ウェイクワード」というのですが、Fireタブレットの場合、この「アレクサ!」を「アマゾン!」にすることができます。つまり、「アレクサ!今日の天気を教えて」を「アマゾン!今日の天気を教えて」にすることができるのです。

「アレクサ!」を「アマゾン!」に変える方法は以下のとおりです。

  1. 「設定アプリ」を起動
  2. 「Alexa」をタップ
  3. 「Alexa」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。
  4. 「ハンズフリーモード」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。
  5. 「ウェイクワード」をタップ
  6. 「Amazon」をタップ
ウェイクワードを選択する

これで、ウェイクワードを変えることができました。

ためしに「アレクサ!」と言ってみてください。Alexaが起動しないと思います。
逆に「アマゾン!」と言うと、Alexaが起動するはずです。

Alexaで何ができる?

Alexaでできることは、

  • 曲・歌を流す。
  • カラオケを歌う。
  • primeビデオやYoutubeで動画をみる。
  • タイマー(アラーム)をセットする。
  • 今日の天気を確認する。
  • 料理のレシピを調べる。

などです。

このほかにも、「アレクサ、ピカチュウを呼んで。」と言うとピカチュウと話せたり、「アレクサ、歌を歌って。」というとアレクサが歌を歌ってくれます。

できることが多すぎてここでは紹介しきれないので、実際にあなた自身で試してみてくださいね!

■参考
『Alexaとできること|Amazon』

実際にAlexaを使ってみよう。

それでは、実際にAlexaを使ってみましょう。

ここでは例として15分後にアラームを設定してみたいと思います

それではいきましょう。

わたし「アレクサ、15分後にアラームを設定して。」

Alexa「1番目のアラームを15分後に設定しました。」

アレクサでアラームの設定ができた

と、こんな感じで15分後にアラームを設定することができました。

Alexaの返事のなかに「1番目のアラーム」とありましたが、Fireタブレットでは一度に複数のアラームを設定できるためこのような返事をします。
このあと「アレクサ、2番目のアラームに20分のアラームを設定して。」というと、先ほど設定した15分のアラームと平行して、20分のアラームを設定することができます。

なお、アラームを解除したいときは「アレクサ、アラームを解除して。」というだけでアラームを解除することができます。

今回はアラームを設定してみましたが、曲や動画を流したり、Alexaに歌を歌ってもらうこともできます。

結構楽しいのでいろいろためしてみてくださいね。

Alexaは安全?プレイバシー保護は?

Alexaに話したことは、Amazonのサーバーに保存されます。

つまり、「アレクサ、YOASOBIの夜に駆けるを歌って。」と言った場合、 「アレクサ、YOASOBIの夜に駆けるを歌って。」 という言葉はAmazonのサーバーに保存されます。

Amazonのサーバーに保存されることでAlexaがより賢くなるわけですが、どうしてもプライバシー保護の面で不安がありますよね。歌ならまだいいのですが、個人情報をしゃべったときは不安に思うかと思います。

結論いいますと、プライバシーはしっかりと保護されているので安心して大丈夫です。

Alexaを使っているときのプライバシー保護については、Amazonの公式ページ『Alexaのプライバシー』で詳細が書かれています。

詳細はそちらでみてもらうとして、ざっくりと内容を説明すると、

話した内容は暗号化され、セキュリティ性の高いAmazonのサーバーに保存される。
もし、内容を削除したいときと思ったら「アレクサ、私が言ったことをすべて削除して」といえば、サーバーに保存してあるしゃべった内容をすべて消すことができる。

といったかんじになっています。

ネットの海に垂れ流しではなく、暗号化された上で送信・保管されるので危険性は低いと思われます。

ただ、「どうしても不安なんだよね。」という方は、お休み前に「アレクサ、今日わたしが言ったことを削除して。」といっておくと良いと思います。

まとめ

今回は、FireタブレットでAlexaを使う方法について解説していきました。

  1. 「設定アプリ」を起動
  2. 「Alexa」をタップ
  3. 「Alexa」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。
  4. 「ハンズフリーモード」の右側にあるボタンをタップして、オレンジ色にする。

これで、Fireタブレットに向かって「アレクサ、○○」と言うことでAlexaを使うことができます

Alexaを使うことで曲をながしたりアラームをセットしたり、買い物だってしゃべるだけでできてします。

あなたのFireタブレットがもっと便利に使えるようになる『Alexa』を、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

あ、ちなみにAlexaは無料でつかえるので安心してくださいね。
(通信料金はかかります。自宅のWi-Fiを使っていれば大丈夫ですが、テザリングでインターネットにつなげている方は気を付けてくださいね。)

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。

ありがとうございました。