FireタブレットでmicroSDカードが認識しないときの原因と解決策

FireタブレットSDカードが認識しないときの原因と解決策のアイキャッチお悩み

「FireタブレットにmicroSDカードをさしても認識しない!」
「microSDカードの容量が0GBと表示される。」

microSDカードはFireタブレットのストレージ(記憶容量)を増やすことができる便利なモノです。

ただ、うまく認識されなかったり、認識されても容量が0GBと表示されるなどの不具合が発生することがあります。

そこで今回は、「FireタブレットでmicroSDカードが認識しないときの原因と解決策」をお伝えしたいと思います。

この記事を読むことで、FireタブレットでmicroSDカードが使えるようになるはずです。

それでは本編スタートです。

microSDカードが認識しない原因

FireタブレットでmicroSDカードが認識しない場合、以下の4つが原因として考えられます。

  • ちゃんと入っていない。
  • 接触部分が汚れている。
  • フォーマット形式が「exFat形式」になっている。
  • microSDカードが壊れている。

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ちゃんと入っていない。

FireタブレットでmicroSDカードを使うには、Fireタブレットにある差し込み口の奥にある接触部分とmicroSDカード側の接触部分が触れている必要があります。

microSDカードの裏表を間違えて入れてしまったり、ちゃんと奥まで差し込めていないことによって、FireタブレットとmicroSDカードの接触部分がうまく触れていないのかもしれません。

接触部分が汚れている。

Fireタブレットの差し込み口の奥にある接触部分と、microSDカードの接触部分が汚れているため、接触部分どうしがうまく触れていないのかもしれません。

フォーマット形式が「exFat形式」になっている。

microSDカードのフォーマット形式が「exFat形式」になっているのが原因かもしれません。

microSDカードを使うためには、Fireタブレットが対応しているフォーマット形式とmicroSDカードのフォーマット形式が同じである必要があります。
つまりmicroSDカードのフォーマット形式が「fat32」である必要があります

いま使っている(使おうとしている)microSDカードをFireタブレット以外で使うと、フォーマット形式が自動で変更されてFireタブレットで読み込めなくなってしまうことがあります。

microSDカードが壊れている。

単純にmicroSDカードが壊れているのかもしれません。

  • 接触部分の電極(金色のヤツ)がはがれている。
  • microSDカードの中身が壊れてしまっている。
  • 折れ曲がっている。
  • 水のなかに落としてしまった。

このようなことが原因で、そもそも使い物にならない状態になっているのかもしれません。

microSDカードが認識しないときの解決策

microSDカードが認識しないときの解決策は、以下の5つが考えられます。

  • Fireタブレットを再起動
  • 裏表を確認してしっかりと差し込む。
  • 接触部分を綺麗にする。
  • microSDカードをフォーマット(初期化)する。
  • 専門業者に修理・復旧を頼む。

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

Fireタブレットを再起動

Fireタブレットを再起動してみましょう。

何かしらのエラーでmicroSDカードが読み込めていないときは、Fireタブレットの電源をいちど切ることで読み込めるようになることがあります。

実際に「容量0GB」と表示されてmicroSDカードが使えない状態から、Fireタブレットを再起動することで正常に使えるようになったという方がいるようです。

microSDカードの抜き差しをするまえに、Fireタブレットの再起動を試してみましょう。

裏表を確認してしっかりと差し込む。

Fireタブレットの電源を切ってから、microSDカードを一度抜いて、裏表がちゃんとあっているかを確認してから奥までしっかり差し込みましょう。

microSDカードの裏表に関しては間違えて入らないようになっているため大丈夫だと思いますが、奥までしっかり差し込めていないことはよくあるようです。

差し込むときは「カチッ」という音が鳴るまで押し込みましょう。

microSDカードを抜くときは必ず『Fireタブレットの電源を切ってから』おこないましょう。
電源が付いたままmicroSDカードを抜き差しすると、FireタブレットとmicroSDカードが故障する原因になります。

接触部分を綺麗にする。

FireタブレットとmicroSDカードの接触部分が汚れている場合は、綺麗にしましょう。

  • 【Fireタブレット】→挿入口を下にして息を吹きかける。
  • 【microSDカード】→接点修復材を使う。

Fireタブレットは掃除がしにくく、棒をいれると掃除どころではなく壊してしまう可能性があります。
microSDカード挿入口を下にして、息を「フッ」と吹きかけましょう。汚れはとれませんがホコリや異物であれば取れるはずです。

microSDカードの掃除は、専用の『接点修復材』を使いましょう。
もし『接点修復材』が無い場合は「アルコールを付けた綿棒で優しくこする。」のも有効です。

アルコールは電子機器に使っても大丈夫ですし、microSDカードの接触部分(金メッキ)に使っても大丈夫です。

消毒用エタノールに含まれる水分は精製水なので蒸発しやすいため、電子機器に使用しても問題ありません。心配な方はより蒸発しやすい無水エタノールを使用しましょう。

スマホのお手入れしてる? 機械洗浄に使えるアルコールより引用

ただ、ティッシュや紙、水で濡らしたものは使わないようにしましょう。
キズができたり壊れてしまう可能性があるので、柔らかい綿棒などで軽く拭いてあげましょう。

microSDカードをフォーマット(初期化)する。

【注意】『フォーマット』をすると、microSDカードに保存されているデータが消えてしまいます。

microSDカードをFireタブレットに差し込んだときに、「互換性のないmicroSDカード」というメッセージが表示されることがあります

このときに「フォーマットして削除」をタップすることで、そのmicroSDカードをFireタブレットで使えるようになります。

ただ、フォーマットするとmicroSDカードに保存されているデータが消えてしまいます。
microSDカードに重要なデータを保存している場合はフォーマットをしないようにしましょう。

専門業者に修理・復旧を頼む。

「microSDカードを正しく差し込んでもダメ」
「フォーマットをすることもできない」

そんなときは、microSDカードを修理してくれる専門の業者に相談してみましょう。

また、使っているmicroSDカードのメーカーに連絡してみるのも良いと思います。

まとめ

今回はFireタブレットでmicroSDカードが認識しないときの原因と解決方法を紹介していきました。

■認識しない原因

  • ちゃんと入っていない。
  • 接触部分が汚れている。
  • フォーマット形式が「exFat形式」になっている。
  • microSDカードが壊れている。

■認識しないときの解決策

  • Fireタブレットを再起動
  • 裏表を確認してしっかりと差し込む。
  • 接触部分を綺麗にする。
  • microSDカードをフォーマット(初期化)する。
  • 専門業者に修理・復旧を頼む。

まずはFireタブレットの再起動を試してみてください。
再起動をしてみてもうまく認識しないときは、Fireタブレットの電源を切ってからmicroSDカードを抜き挿ししてください。
それでも認識しないときはFireタブレットとmicroSDカードが接触する部分を「接点修復材」か「アルコールを付けた綿棒」で綺麗にしてください。

これらを試してみてもmicroSDカードが認識しないときは個人で復旧することはできません。
修理・復旧業者やmicroSDカードのメーカー、Amazonに相談してみることをオススメします。

この記事でmicroSDカードが認識されるようになればうれしいかぎりです。