Fireタブレットの「Showモード」ってなに?Alexaハンズフリーと合わせて使うと『Echoshow』に。

Fireタブレットshowモードのアイキャッチ画像使い方

「Showモードってなんだろう?」
「Showモードってどんなことができるの?」

このような疑問を持っているかたに向けた記事です。

Fireタブレットには『Showモード』と呼ばれる機能があります。

Showモードにするとホーム画面が全画面表示になり、日付や天気などの情報がスライド形式で表示されます。

さらに、Alexaを使ってFireタブレットを声で操作する『Alexaハンズフリー』と一緒に使うことで、Amazonの『EchoShow』と同じような使い方ができます。

Showモードは「最近Fireタブレットはあまり使ってないけど、なにかいい使い道ないかな。」という方にオススメの機能です。

この記事では、Showモードとはなんなのか、どうやって使うのかを紹介しています。
きっとFireタブレットの新しい使い道がみえてくると思います。

それでは本編スタートです。

Showモードとは

Showモードにすると、通常のホーム画面から「全画面モード」と呼ばれる画面に変わります。

この「全画面モード」では、日時や天気予報などがスライドショー形式で表示されていきます

通常から全画面に

Showモードを「ON」にすることでホーム画面が変わるのですが、一番の違いは「Alexaを使ったとき」にあります。

Fireタブレットでは、Alexa(SiriやOKGoogleのようなもの)が利用できます。
FireHD8,FireHD8plus,FireHD10,FireHD10plusの4種のみ

ShowモードにしていてもしていなくてもAlexaは利用できるのですが、結果の画面にちがいがでてきます。

例として「アレクサ、今日の天気は?」と言った場合を見てみましょう。

<ShowモードがOFFの場合>

通常でアレクサ「天気」結果

<ShowモードがONの場合>

showモードでアレクサ「天気」結果

画面をスワイプすることでほかの情報(今週の天気など)を見ることができるので、showモードがOFFでもONでも情報の量に違いはありません。

ただ、ShowモードがONになっていると一画面に表示される情報は少なくなります

Showモードにする方法

showモードにする方法は、以下の2通りがあります。

  • 「ステータスパー」からONにする。
  • 「Alexaハンズフリー」を使う。

それでは1つずつスクリーンショットとともに見ていきましょう。

ここでは『FireHD8plus』を使っています
ほかの端末では表示がことなる場合があります。

【方法①】「ステータスパー」からONにする。

1)Fireタブレットの上から、下に向かってスワイプする。

2)「Showモード」の左にあるドグルスイッチをタップ

ステータスバーで「showモード」をタップ

少し待つとShowモードが始まります。

【方法②】「Alexaハンズフリー」を使う。

Fireタブレットに向かって、「アレクサ、Showモードにオンして。」と言うことでShowモードにすることができます。

しゃべるだけでShowモードにできる便利な機能ですが、この方法を使うには以下の2つ条件を満たしている必要があります

  • AlexaがONになっている。
  • AlexaハンズフリーがONになっている。

「アレクサ。」と言ったときにFireタブレットの下の部分が青色にならなければ、上の2つを設定する必要があります。

【条件①】「Alexa」をONにする方法

1)「設定アプリ」をタップ

設定アプリをタップ

2)「Alexa」をタップ

設定アプリの「Alexa」をタップ

3)トグルボタンをタップ

「Alexa」の右にあるトグルボタンをタップ

【条件②】「Alexaハンズフリー」をONにする方法

1)Fireタブレットの上から、下に向かってスワイプする。

2)「Alexaハンズフリー」をタップ

Alexaハンズフリーをタップ

これでAlexaを使う準備ができました。

Fireタブレットに向かって「アレクサ。Showモードをオンにして。」と言ってみてください。

Showモードが始まるはずです。

プラス「Alexaハンズフリー」で『Echoshow』みたいになる。

ShowモードはAmazonの『Echoshow』と同じ画面になりますが、あくまで画面が同じになるだけです。

ただ、Showモードに「Alexaハンズフリー」を組み合わせることで、ほぼ『EchoShow』のように使うことができます。

Showモードにすることで『EchoShow』と同じような画面になり、Alexaハンズフリーによって音声操作ができるようになるのです。

「アレクサ。今日の天気を教えて。」
「アレクサ。●●というアプリを開いて。」
「アレクサ。明日の午前6時に起こして。」
「アレクサ。Prime会員になりたいんだけど。」

などなど、まるで『EchoShow』のようにFireタブレットを使うことができます。

「FireタブレットのShowモード」と「Echoshow」との違い

ShowモードとAlexaハンズフリーを組み合わせることで『Echoshow』のようにFireタブレットを使うことができるようになります。

ただ、完璧に『EchoShow』になるわけではありません。

ここでは『EchoShow』と比べて、Fireタブレットのおとる点(欠点)を4つ紹介したいと思います。

  • 連続会話できない
  • ウェイクワードが2種類だけ
  • マイク性能が低い
  • スピーカーの性能が低い

連続会話ができない

アレクサとの会話(Fireタブレット)

Fireタブレットの場合、『EchoShow』のように連続でAlexaと会話することができません

『EchoShow』の場合は、「アレクサ。」と言ったあとに「明日の6時に起こして」と言ってアラームをセットしたあと、そのまま「明日の天気を教えて」と言うことができます。

しかしFireタブレットの場合は「アレクサ。明日の6時に起こして」と言ったあと、もう一度「アレクサ」と言ってから「明日の天気を教えて」と言う必要があります。

Fireタブレットの場合は、一回一回「アレクサ。」という必要があるのです。

ウェイクワードが2種類だけ

『EchoShow』では4種類のウェイクワードが選べますが、Fireタブレットで2種類からしかウェイクワードが選べません。

■「ウェイクワード」とは?
アレクサ。明日の天気を教えて。」というときの「アレクサ」の部分です。
Siriでは「ヘイSiri」、Androidでは「オッケーGoogle」にあたります。

「べつにアレクサでいいよ。」というかたは気にしなくてもいいのですが、

  • エコー
  • コンピュータ

といったウェイクワードを使いたい場合は『EchoShow』にする必要があります。

マイク感度が低い

マイク感度。つまり「こちらの声を拾ってくれる性能」は、『EchoShow』の方が高いようです。

Alexaデバイスには、ユーザーの声に近い位置にあるデバイスが応答するモードがあるが、本製品とEcho Showを真横に並べて正面から呼びかけると、返事を寄越すのは100パーセントEcho Showだ。

AmazonのFireタブレットをスマートディスプレイとして使う「Showモード」を試す
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1904/15/news071_3.html

スピーカーの性能が低い

Fireタブレットは『EchoShow』よりもスピーカーの性能が低くなっています。

『EchoShow』には「パッシブラジエーター」と呼ばれるスピーカーが付いているとのこと。

タブレットとしてのスピーカー性能についてはFire HD 10も決して悪くはないのだが、さすがにパッシブラジエーターまで搭載したEcho Showとは勝負にならない。

AmazonのFireタブレットをスマートディスプレイとして使う「Showモード」を試す
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1904/15/news071_3.html

『EdnoShow』は「パッシブラジエーター」というスピーカーが付いていることにより、低音の音質が良くなっています。

■「パッシブラジエーター」とは?
ひとことでいうと「迫力のある重低音が楽しめる仕組み」のこと。
低音を専用のスピーカーで続服・補強してあげることで低音域が強化されます。

詳しくは『パッシブラジエーターとは|サンワサプライズ株式会社』を参考にしてください。

まとめ

Fireタブレットshowモードアイキャッチ

今回は、Fireタブレットの「Showモード」について解説していきました。

Showモードにするとホーム画面が全画面表示になり、日付や天気などの情報がスライド形式で表示されます。

「Showモード」と「Alexaハンズフリー」を組み合わせることで、Fireタブレットを『EchoShow』のように使うことができます。

もちろんFireタブレットではできないこと、劣っているところがありますが、「天気を聞く」「音声で調べ物をする」程度であれば問題なくできます。

FireHD8以降のタブレット(Fire8,8plus,10,10plus)であればすぐにでも試せるので、ぜひ一度使ってみてください。

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。

ありがとうございました。

広告(Amazonの商品ページに飛びます。)

私が書いた記事ではなくて、Amazonの商品ページへのリンクです。

2つの新型『EchoShow』登場。

EchoShow8
【pickup】大きいけど「スピーカー性能はピカイチ」

Amazon | Echo Show 8 第2世代 - 8インチHDスマートディスプレイ
Echo show 8に第2世代が登場。新たに自動色彩調整機能の付いた8インチHDスマートディスプレイとステレオスピーカーで、動画や音楽がいきいきと再生できます。

EchoShow5
【pickup】スピーカー性能は低いけど「コンパクト」

Amazon |Echo show 5 第2世代- スマートディスプレイ
Echo show 5に第2世代が登場。既存モデル同様、話しかけるだけで音楽の再生、天気やニュースの確認、スケジュールの追加など簡単に操作できるだけでなくさらにカメラの精度がアップ。

『FireHD10Plus』登場。

FireHD10Plus
【pickup】メインメモリ(RAM)が4GBになった!

Amazon | Fire HD 10 Plus - ワイヤレス充電対応10.1インチ、フルHDタブレット
Fire HD 10 Plus - ワイヤレス充電対応。10.1インチ・1080pフルHDディスプレイ(1920x1200) 、4GB RAMとオクタコアプロセッサ搭載によるパワフルなパフォーマンス