【無料】Fireタブレットでビデオ通話をしたい!無料で使える5つのアプリをご紹介

Fireタブレットビデオ通話アイキャッチアプリ

「Fireタブレットでビデオ通話をしたい!」

「Fireタブレットで使えるビデオ通話アプリにはどんなものがあるの?」

Fireタブレットで使える無料のビデオ通話アプリには、おもに以下の5つがあります

  • Skype
  • ZOOM
  • Teams
  • Webex
  • FacebookMessenger

この5つのアプリは、Amazonアプリストア(Apps)にあります。
つまり、GooglePlayをインストールしなくても大丈夫です。

また、Fireタブレットにはマイクとカメラが付いているため、マイクやカメラを追加で買う必要はありません。

アカウントをつくる必要があるアプリもありますが、アカウントをつくる作業をのぞけば、インストールするだけでビデオ通話をすることができます。

それでは、Fireタブレット使える無料のビデオ通話アプリと、それぞれのビデオ通話アプリの特徴を見ていきましょう。

Fireタブレットで使えるビデオ通話アプリ

Fireタブレットで使えるビデオ通話アプリには、おもに5つの種類があります。

  • Skype
  • ZOOM
  • Teams
  • Webex
  • FacebookMessenger

正確にはもっとたくさんの種類があります。
しかし、すべてを上げることは不可能に近いので、ビデオ通話アプリをこの5つにしぼって紹介していきたいと思います。

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

【Skype】Skype(Kindle Tablet Edition)

Skypeは、Microsoftが提供する通話アプリです。

Skype同士であれば、世界のどことでも無料でビデオ通話ができます

太平洋の向こう側のアメリカにいる人とでも、地球の反対側のブラジルにいる人とでも、無料でビデオ通話ができます。

「世界中の誰とでも無料で通話できる。」ということから、海外の有料英語トレーニングに利用しているという方もいるようです。

ただ、1ヶ月で100時間、1日10時間の制限があります。

また、有料ではありますが、追加料金を払うことで「050」から始まる電話番号を取得でき、ふつうの電話としても使うことができます
「固定電話や携帯電話に電話をかけることができる!」ということですね。

▶リンク
Skype公式サイト
Skypeアプリを見る(Amazonアプリストア)

【ZOOM】ZOOM Cloud Meetings

ZOOMは、ZOOMビデオコミュニケーションズが提供する通話サービスです。

ZOOMの一番の特徴は「アカウントを作らなくても利用できる」という点です。

面倒なメールアドレスの設定や電話番号の登録などをする必要が無く、手軽に使えるのが特徴です。

▶リンク
ZOOM公式サイト
ZOOMアプリを見る(Amazonアプリストア)

【Teams】Microsoft Teams

Teamsは、Microsoftが提供する通話サービスです。

Teamsの特徴はチーム開発で使われるということです。

SkypeやZOOMなどは、通話がおもな使い道です。
しかし、Teamsは「Office365(ExcelやFromsなど)」と連携して使われることがほとんどです。

「SBテクノロジー」によると、TemasとOffice365の連携をフル活用すると一連の業務をTeamsで行うことができるようになるようです。

Teams と Office 365 の連携をフル活用すると、例えば「Outlook 予定表で会議通知を送信して、Plannner でタスクをメンバーに割り振り、通話しながら Teams 上で Excel 資料や PowerPoint 資料を共同編集で作成して、当日はビデオ会議で発表、後から Stream に保存された会議の録画を振り返りながら Forms でアンケートを実施、後日その結果を元に資料を修正して再度チャットで報告…」という一連の業務もすべて Teams を介するだけで可能になります。

今更聞けない「Microsoft Teams」とは?から引用

Teamsはさまざまなことが一括で管理できる反面、慣れるまでに時間がかかります

「単にビデオ通話をしたいだけなんだ!」という場合は、Teamsはやめておいたほうがいいかなと私は考えます。

▶リンク
teams公式サイト
teamsアプリを見る(Amazonアプリストア)

【Webex】Cisco Webex Meetings

Webexは、シスコシステムズが提供する通話サービスです。

Webexの特徴は安全性が高いということです。

運営しているシスコは、世界有数のコンピュータネットワーク機器開発会社で、ネットワーク世界共通資格である「CCNA」を実施しています。

運営会社が非常に信用でき、コンピュータネットワークに精通している会社であるため安心できます。

ただ、連続で通話できる時間が50分(無料の場合)と制限があります

▶リンク
Webex公式サイト
Webexアプリを見る(Amazonアプリストア)

【Facebook Messenger】

FacebookMessengerとは、Facebookが提供している通話サービスです。

FacebookMessengerの特徴は、最大50人とビデオ通話ができ、何分でも無料ということです。

時間制限が無いという特徴を生かして、研究発表会や勉強会など、長時間続けてビデオ通話したい場合に、FacebookMessengerを使うと良いと思います。

▶リンク
FacebookMessenger公式サイト
FacebookMessengerアプリを見る(Amazonアプリストア)

ほかのビデオ通話アプリは使えないのか。

ここまでで、Fireタブレットで使えるビデオ通話アプリを5つ紹介していきました。

  • Skype
  • ZOOM
  • Teams
  • Webex
  • FacebookMessenger

では、これら5つ以外ののビデオ通話アプリは使えないのでしょうか?

ここからは、以下の有名な2つのビデオ通話アプリについて見ていきたいと思います。

  • Discord
  • Line

Discordはブラウザ版が利用できる。

Discordはゲーム業界でよく使われるビデオ通話サービスです。

Fireタブレットでは、このDiscordをアプリとしてを使うことはできません

ただ、Discordには「アプリ版」と「ブラウザ版」があるため、「ブラウザ版」であれば利用できます

Discordの公式サイトによると、Fireタブレットでつかう「Silkブラウザ」はサポートしていないとのこと。
しかし、実際にビデオ通話ができるのかを試してみたところ、問題無くビデオ通話をすることができました。

Discordはアプリとしては使えませんが、ブラウザ版を使えばビデオ通話ができます

▶リンク
Discord公式サイト

Lineは基本的に利用できない。

Lineではチャットのほかにも、ビデオ通話をすることもできます。

しかし、Amazonアプリストア(Apps)には無いため、FireタブレットでLineを利用することはできません

正確にはGooglePlayストアをFireタブレットに入れることで、FireタブレットでもLineを利用できるようになります。
しかし、GooglePlayストアをFireタブレットに入れることはFireタブレットが故障する原因になるため、おすすめはできません

まとめ

Fireタブレットで使えるビデオ通話アプリには、おもに以下の5つがあります。

  • Skype
  • ZOOM
  • Teams
  • Webex
  • FacebookMessenger

ビデオ通話をするときは「相手がZOOMならこちらもZOOMを使う」というように、同じビデオ通話サービスを使うことになります。

「Fireタブレットは使えるアプリが少ない」と言われており、実際に使えるアプリは少ないです。
しかし、SkypeやZOOMなどのよく使われるビデオ通話アプリはあります。

パソコンよりも持ち運びやすく、スマートフォンよりも大きい画面で、ipadよりも安く買えるFireタブレット。

ぜひ、Fireタブレットでビデオ通話を楽しんでください。

それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。

ありがとうございました。