【2022年】新型Fire7の発売日と性能、価格は?買うべきなのか?

比較・選び方

「新しいFireタブレットを買おうかなと思っているんだけど新型Fire7がでたみたい。買う(買い換える)なら新型Fire7にしたほうがいいのかな?」

このような疑問をもっていませんか?

今回は数年ぶりに新しくなって登場した『新型Fire7(newFire7)』の発売日および性能について見ていきたいと思います

  • Fireタブレットの購入(買い換え)を考えている。
  • 新型Fire7の発売日・性能が知りたい。

このような方はぜひ参考にしてみてくださいね。

さくっと分かる!新型Fire7とは?

新型Fire7について詳しく見ていくとかなりの長さになってしまいます。そこで、さくっと新型Fire7についてわかるように発売日や性能などについてまとめてみました。

性能についてはこのあとで詳しく見ていきますが、時間がないかたはぜひ下の表を参考にしてみてくださいね。

■newFire7のポイント

  • 発売日:2022年6月29日
  • 価格:6,980円
  • 画面サイズは7インチ
  • 内部ストレージの容量は「16BG」のみ
  • 旧Fire7とくらべて画面サイズは同じだが、少し小さく軽くなった
  • 性能はFireHD8とおなじ「2.0GHzクアッドコアのCPU」「2GBのRAM」
  • 充電プラグがFireHD8やFireHD10と同じ「USB-C(2.0)」になった
  • 色はブラックのみ
  • カメラの位置がFireHD8やFireHD10と同じ「画面の横側」になった

>>Amazonで新型Fire7を見てみる。

new Fire7
(販売中)
Fire 7
(販売終了)
価格内部ストレージ16GB16GB32GB
税込価格6,980円5,980円不明
ディスプレイ画面サイズ7インチ7インチ
ピクセル数1024×6001024×600
解像度171ppi171ppi
本体サイズ181 x 118 x 9.7mm192 x 115 x 9.6mm
重さ282グラム286グラム
CPU2.0GHz
クアッドコア
1.3GHz
クアッドコア
RAM2GB1GB
バッテリー充電時間4時間(5W)4時間(5W)
最大持続時間10時間詳細不明
オーディオイヤフォンジャック3.5mmステレオジャック3.5mmステレオジャック
内蔵スピーカーあり(詳細不明)あり(詳細不明)
カメラフロントカメラ2メガピクセル2メガピクセル
リアカメラ2メガピクセル2メガピクセル
ビデオ録画720p720p
カラーブラックブラック
保証期間90日90日
同封品new Fire7
USB-C(2.0)ケーブル
5W電源アダプター
スタートガイド
Fire7
USB 2.0 ケーブル
5W電源アダプター
スタートガイド

新型Fire7の発売日・価格

新型Fire7発売日は2022年6月29日です(Amazon)。
楽天市場やYahoo!ショッピング、家電量販店によって発売日がちがうかもしれません。しかし公式であるAmazonが6月29日に発売するため、それ以降になるでしょう。

新型Fire7の価格は税込み6,980円です(Amazon)。
ほかの機種では内部ストレージの大きさ(32GB・64GBなど)によって価格が違います。しかし新型Fire7には16GBのモデルしか無いため、一律6,980円になります。

new Fire7
Amazon6,980円
楽天不明
Yahoo!ショッピング不明
家電量販店・携帯ショップサイトおよび店舗による

>>AmazonでnewFire7を確認・予約する。

新型Fire7の性能・特徴

【ディスプレイ】いちばん小さく粗い

newFire7の画面(ディスプレイ)はFireタブレットの中でいちばん小さく粗いです。

画面サイズピクセル数解像度
new Fire 77インチ1024×600171ppi
Fire HD 88インチ1280×800189ppi
Fire HD 8 plus8インチ1280×800189ppi
Fire HD 1010.1インチ1920×1200224ppi
Fire HD 10 plus10.1インチ1920×1200224ppi

解像度の「ppi」とは「pixel par inch」の略です。1インチ(対角線が2.5cmの四角形)にいくつのピクセル(小さい豆電球)があるのかをあらわしています。つまり「ppi」が大きいほど画面がキレイであるといえます。

newFire7の画面は旧Fire7と同じです。Fire7を使っているかたにはとくに違和感なく使えると思いますが、Fire8やFire10を使っているかたには画面が小さく粗くかんじるかもしれません。

【本体サイズ・重さ】いちばん小さく軽い

newFire7はFireタブレットの中でいちばん小さく軽いです。

ただしFireHD10やFireHD10plusのほうが「0.5mm」薄いので注意です。

縦(長い辺)横(短い辺)厚さ重さ
new Fire 7181mm118mm9.7mm282グラム
Fire HD 8202mm137mm9.7mm355グラム
Fire HD 8 plus202mm137mm9.7mm355グラム
Fire HD 10247mm166mm9.2mm465グラム
Fire HD 10 plus247mm166mm9.2mm468グラム

【CPU・RAM】FireHD8と同じ性能

newFire7のFireHD8と同じ「2.0GHzクアッドコア・2GBRAM」です。

CPURAM
new Fire 72.0GHz
クアッドコア
2GB
Fire HD 82.0GHz
クアッドコア
2GB
Fire HD 8 plus2.0GHz
クアッドコア
3GB
Fire HD 102.0GHz
オクタコア
3GB
Fire HD 10 plus2.0GHz
オクタコア
4GB

旧Fire7は「1.3GHzクアッドコア・1GB」であったため性能はかなり高くなったことがわかります。

しかし、調べ物や読書だけでなく処理の重いゲーム(3Dのゲーム、エフェクトが豪華なゲームなど)も快適に遊びたい場合は、少し心配な性能です。

【内部ストレージ】16GBと小さい

newFire7には内部ストレージが16GBのモデルしかありません

内部ストレージとはアプリや写真・電子書籍など、さまざまなコンテンツをFireタブレットに入れておくための場所です。つまり何かをダウンロードしたときはすべてこの内部ストレージに入ります。

写真や電子書籍、調べ物をメインで使うのであれば16GBで十分ですが、ゲームや動画をたくさんダウンロードして楽しみたい場合はものたりないと思います

microSDカードを使えば内部ストレージを増やすことができますが、「別途買う必要がある」「microSDカードを使ったデータ移動ができなくなる」などデメリットもあります。

ゲームや動画をたくさんダウンロードして楽しみたい方は、microSDカードを使って内部ストレージを増やすか、内部ストレージが大きいほかのFireタブレットを選ぶとよいでしょう

内部ストレージ税込み価格(Amazon)
new Fire 716GB6,980円
Fire HD 832GB9,980円
64GB11,980円
Fire HD 8 plus32GB11,980円
64GB13,980円
Fire HD 1032GB15,980円
64GB19,980円
Fire HD 10 Plus32GB18,980円
64GB22,980円

【コネクタ】USB-C(2.0)になった

newFire7のコネクタ(充電ケーブルをさす穴)はUSB-C(2.0)になりました

FireHD8やFireHD10plusなどのコネクタはUSB-C(2.0)でしたが、旧Fire7はUSB-Bという一昔前のコネクタでした。ついにFire7もUSB-C(2.0)になったわけですね。

「USB-C(2.0)」は最近のAndroidスマホに広く使われており、ipadや一部のノートパソコンでも使われています。充電器はなるべく純正のものを使ったほうがいいのですが、Androidスマホやipadの充電器でも充電できるようになりました。

【フロントカメラ】画面の横側

言葉で説明するとすこしわかりにくいのですが、newFire7のフロントカメラは、本体を横向きにしたときFireHD8やFire10plusとおなじく画面の上部中央についています

フロントカメラとは内カメラのことで、おもに自撮りをするときに使うカメラです。

Fireタブレットでビデオ通話をするときは横向きにしてつかうことになります。旧Fire7では本体の上部についていたため、カメラの位置を意識すると本体を縦向きにしなくてはならずビデオ通話の画面がちょっと見にくく、かといって横向きにするとカメラの位置を意識しなくてはならず不便でした。

newFire7ではフロントカメラが画面の横側中央(横向きにすると画面の上部中央)になったため、快適にビデオ通話ができるようになりました

【限定保証(無料保証)】90日

newFire7には買ったときに90日の限定保証がついてきます

限定保証とは、Fireタブレットの部品やシステムに不具合があった場合に新品もしくは代換品と交換してもらえる保証です。落下や水没による故障には対応してもらえない点には注意が必要です。

保証期間
new Fire 790日
Fire HD 890日
Fire HD 8 plus90日
Fire HD 101年
Fire HD 10 plus1年

FireHD10やFireHD10plusには1年分の限定保証がついているため、それと比べると短いです。ただ、限定保証は初期不良に対する保証みたいなところがあるため、90日でも1年でもあまり変わらないと思います。

【価格】いちばん安い

newFire7はFireタブレットの中でいちばん安いFireタブレットです。

  • 処理性能が低い
  • 画面サイズが小さい
  • 内部ストレージが16GBのみ

と、いちばんコンパクトなFireタブレットですが、そのぶん手に入れやすいのが特徴です。

内部ストレージ税込み価格(Amazon)
new Fire 716GB6,980円
Fire HD 832GB9,980円
64GB11,980円
Fire HD 8 plus32GB11,980円
64GB13,980円
Fire HD 1032GB15,980円
64GB19,980円
Fire HD 10 Plus32GB18,980円
64GB22,980円

新型Fire7がおすすめな人・おすすめできない人

新型Fireタブレット(newFire7)がおすすめな人は以下のとおりです。

■newFire7がおすすな人

  • 持ち運びしやすい小さめのタブレット端末が欲しい。
  • メインは読書・調べもの・動画鑑賞。
  • イラストを描こうとは思っていない。
  • できるかぎり安いFireタブレットが欲しい。

現在販売しているFireタブレット(FireHD8・FireHD8plus・FireHD10・FireHD10plus)の中で、newFire7は「いちばん性能が低いがコンパクトで安いFireタブレット」です。

処理の重いゲームを大画面で楽しみたいのであればnewFire7をおすすめできません。しかし、処理の重いゲームを遊ぶ予定はなく、スマホよりも大きい画面で読書や動画を楽しむのが目的であればおすすめできるFireタブレットです。

詳しい新型Fire7の情報はAmazon公式ページでも確認できますので、合わせて確認してみてくださいね。

>>Amazonで新型Fire7を見てみる。