聞こえない!Fireタブレットでイヤホンが反応しないときの原因と解決策。

お悩み

「Fireタブレットでイヤホンを使いたいんだけど、音がでないよ…。」

そんな悩みを抱えていませんか?

今回はFireタブレットでイヤホンが反応しない(聞こえない)ときの、原因と解決策をお伝えしていきます。

この記事を読めば、イヤホンを使ってあなたのFireタブレットで動画や音楽、ゲームなどを楽しめるようになるはずです。

それでは本編スタートです。

【注意】こんなときは『Amazonカスタマーサービス』へ

  • Fireタブレットを落としてしまった。
  • Fireタブレットに水をこぼしてしまった。

という場合は、一番にAmazonカスタマーサービスに問い合わせてください。
ご自身でなんとかしようとすると、感電や火災の原因になってしまいます。

イヤホンが反応しない(聞こえない)ときの原因

Fireタブレットでイヤホンが反応しない(聞こえない)ときに考えられる原因は、以下の6つです。

  • イヤホンジャックにゴミが入っている。(有線イヤホン)
  • Bluetooth接続ができていない。(Bluetoothイヤホン)
  • Fireタブレットの音量が0になっている。
  • アプリの音量が0になっている。
  • イヤホンが壊れている。
  • Fireタブレットが壊れている。

それでは、6つの原因をひとつずつみていきましょう。

【原因①】イヤホンジャックにゴミが入っている。(有線イヤホン)

「有線のイヤホンを使っているよ。」という場合、イヤホンジャックにゴミが入ってしまっている可能性があります。(イヤホンジャックとは、Fireタブレットにある『イヤホンを刺す穴』のことです。)

Fireタブレットとイヤホンの間は、電気信号で音データがやり取りされています。

そのためイヤホンジャックにゴミが入っていると、音データ(電気信号)がうまく伝わらず、

  • イヤホンの音にノイズが入る。
  • イヤホンから音が聞こえない。

といったことが起こってしまいます。

【原因②】Bluetooth接続ができていない。(Bluetoothイヤホン)

「Bluetoothイヤホンを使っているよ。」という場合は、FireタブレットとBluetoothイヤホンが接続できていない可能性があります

  • FireタブレットとBluetoothイヤホンが離れすぎている。
  • 電子レンジの近くで使っている。

などが原因で、Bluetooth接続が切れてしまっている可能性があります。

電子レンジを使っているとBluetooth接続が不安定になる!

Bluetoothで使われている周波数は「2.4GHz」であり、電子レンジで使われている周波数も「2.4GHz」です。そのため、電子レンジを使っている近くでBluetoothイヤホンを使用する場合、電波が干渉してしまってうまくBluetooth接続ができない場合があります。

【原因③】Fireタブレットの音量が0になっている。

そもそもFireタブレットの音量が0になっている可能性があります。
とうぜんのことながら、Fireタブレットの音量が0になっていると音は聞こえません。

また、音量が小さすぎるという可能性もあります

ゲームや音楽のなかには音量を小さく設定しているものもあります。
その場合は、Fireタブレットの音量を少し大きめにしてあげる必要があります。

【原因④】アプリの音量が0になっている。

Fireタブレットの音量が十分に大きくても、使っているアプリの音量が0になっている(もしくは小さすぎる)と音声は聞こえません

  • Youtubeの音量設定が『ミュート(無音)』になっている。
  • ゲーム内の設定で「BGM」を「0」になっている。

などが原因として考えられます。

【原因⑤】イヤホンが壊れている。

  • Fireタブレットにイヤホンがちゃんと刺さっている。
  • Fireタブレットやアプリの音量も、ミュートではなくそこそこ大きい。

この2つをクリアしているはずなのに音声が聞こえないときは、イヤホンが壊れているのが原因かもしれません

スマホやパソコンなどのほかの機器で使っても音がでない場合は、イヤホンが壊れてしまっている可能性が高いです。

【原因⑥】Fireタブレットが壊れている。

あとは、Fireタブレットが壊れてしまっているが原因として考えられます。

  • イヤホンジャック(イヤホンを刺す穴)が壊れている。
  • Fireタブレットの中身(基盤など)が壊れている。
  • Fireタブレットのソフトウェア(OSなど)がおかしくなっている。

などが考えられます。

「Fireタブレットを水の中に落としまった。」
「Fireタブレットを地面に落としてしまった。」

という場合は、Fireタブレットが壊れている可能性が高いです。

イヤホンが反応しない(聞こえない)ときの解決策

Fireタブレットでイヤホンが反応しない原因を確認したところで、その解決策について見ていきましょう。

Fireタブレットでイヤホンが反応しない(聞こえない)時の解決策は、以下の5つです。

  • イヤホンジャック・プラグをきれいにする。(有線イヤホン)
  • Bluetooth接続ができているかを確認する。(Bluetoothイヤホン)
  • Fireタブレットの音量を上げる。
  • アプリの音量設定を確認する。
  • Fireタブレットを再起動する。

それでは、5つの解決策をひとつずつみていきましょう。

【解決策①】イヤホンジャック・プラグをきれいにする。(有線イヤホン)

有線イヤホン(Fireタブレットに刺すタイプ)を使っている場合は、『イヤホンジャック』と『イヤホンプラグ』をきれいにしましょう

【掃除の手順】

  1. イヤホンプラグを柔らかい布で拭く。
  2. イヤホンジャックにゴミが入っていないかを確認。
  3. イヤホンジャックにゴミが入っている場合は、息を吹きかけるなどして取り除く。

「イヤホンジャックに息を吹きかけるのはちょっと…。」という場合は、エアダスターがおすすめです。

エアダスターにはさまざまな種類がありますが、私が調べた限りでは『エレコム エアダスター 逆さ使用OK 350ml ECO (フロンガス不使用)』が多くのランキングサイトで1位になっていました。
私はエアダスターの専門家ではないので参考程度に。

【解決策②】Bluetooth接続ができているかを確認する。(Bluetoothイヤホン)

Bluetoothイヤホンを使っている場合は、FireタブレットとイヤフォンがBluetooth接続されているかを確認しましょう

①Fireタブレットの「設定アプリ」を起動

「設定」アプリを起動

②「接続デバイス」をタップ

③「現在接続されている端末」にBluetoothイヤホンの名前が表示されているかを確認する。

もし、あなたのBluetoothイヤホンの名前が表示されていない場合は、いちどBluetoothをOFFにして、もう一度ONにしましょう
少し待つと、「現在説明されている端末」にBluetoothイヤホンの名前が表示されるはずです。

少しまってもBluetoothイヤホンの名前が表示されない(Bluetoothイヤホンが接続できない)場合は、FireタブレットとBluetoothイヤホンを接続する設定ができていない可能性があります。

お使いのBluetoothイヤホンの説明書を見て、FireタブレットとBluetoothイヤホンの接続設定をしましょう。

※お使いのBluetoothイヤホンによって、Bluetooth接続のやり方は変わります。

【解決策③】Fireタブレットの音量を上げる。

イヤホンがちゃんとつながっていても、Fireタブレットの音量が「0」もしくは「小さい」と、音が聞こえないことがあります。

Fireタブレットの音量ボタンを押して、Fireタブレット音量を確認しましょう

【解決策④】アプリの音量設定を確認する。

Fireタブレットの音量が大きくても、使っているアプリの音量が「0」もしくは「小さい」と音は聞こえません。使っているアプリの音量設定を確認してみましょう

アプリの音量設定のやりかたはアプリによって変わりますが、たいていのアプリは「設定」や「メニュー」という項目から音量設定ができます。

「Youtubeは聞けるのにゲームの音は聞こえない」という場合は、アプリの音量設定で「BGM」や「ボイス」などがOFFになっていないかを確認しましょう。

【解決策⑤】Fireタブレットを再起動する。

あとはお約束の「Fireタブレットの再起動」を試してみましょう

Fireタブレットを再起動すると治ることがあります。

【Fireタブレットの再起動の手順】

  1. 電源ボタンを長押し
  2. 「再起動」をタップ

それでもイヤホンが反応しないとき場合は?

ここまででお伝えした5つの解決策、

  • イヤホンジャック・プラグをきれいにする。(有線イヤホン)
  • Bluetooth接続ができているかを確認する。(Bluetoothイヤホン)
  • Fireタブレットの音量を上げる。
  • アプリの音量設定を確認する。
  • Fireタブレットを再起動する。

を試してみても、Fireタブレットでイヤホンが反応しない(聞こえない)ときは、次の3つを検討してみましょう

  • Amazonカスタマーサービスへ相談する。
  • イヤホンを買い替える。
  • Fireタブレットを買い替える。

Amazonカスタマーサービスへ相談する。

まずはAmazonカスタマーサービスへ相談してみましょう

「電話は苦手なんだけど…。」という場合は、チャットで相談することもできます。
もちろん無料です。

>>『Amazonカスタマーサービス』に相談する。

イヤホンを買い替える。

最近のイヤホンは「ノイズキャンセリング機能」や「音質変化機能」などの機能があるイヤホンもあるみたいです。

この機会にちょっといいイヤホンを買ってみるのもいいかもしれませんね!

>>Amazonでイヤホンを探す。

Fireタブレットを買い替える。

今年(2021年)の5月頃に『Fire HD 10』『Fire HD 10 plus』といった最新機種が発売されました。

それにともない『Fire 7』や『Fire HD 8』『Fire HD 8 plus』が安く手に入るようになりました。

この機会にFireタブレットの買い替えを検討してみてもいいかもですね。

まとめ

今回は、Fireタブレットでイヤホンが反応しない(聞こえない)ときの原因と解決策についてお伝えしていきました。

最後に今回の内容をおさらいしておきましょう。

イヤホンが反応しない6つの原因

  • イヤホンジャックにゴミが入っている。(有線イヤホン)
  • Bluetooth接続ができていない。(Bluetoothイヤホン)
  • Fireタブレットの音量が0になっている。
  • アプリの音量が0になっている。
  • イヤホンが壊れている。
  • Fireタブレットが壊れている。

イヤホンが反応しないときの5つの解決策

  • イヤホンジャック・プラグをきれいにする。(有線イヤホン)
  • Bluetooth接続ができているかを確認する。(Bluetoothイヤホン)
  • Fireタブレットの音量を上げる。
  • アプリの音量設定を確認する。
  • Fireタブレットを再起動する。

Fireタブレットでイヤホンが反応しない(聞こえない)ときは、ぜひこの記事で紹介した5つの解決策を試してみてくださいね。